メリット・デメリットを京都会社設立相談所がまとめまてみました

無料相談ダイヤル0120693118

会社設立のメリット・デメリット

会社設立のメリットとデメリットをご紹介いたします。

 会社設立のメリット

 税法上のメリットが大きい

法人化すると税率が低くなります。また、給与所得控除や役員報酬による節税が可能です。

 個人の財産を守れる

会社が倒産しても、経営者本人に返済の責任がありません。(ただし経営者が会社の借入金の連帯保証人になっている場合は返済義務が生じます)

 銀行融資を受けやすくなる

銀行からの借入だけでなく、助成金を受ける際にも有利です。

 社会的信用が得られる

法人でないと取引が出来ない企業は少なくありません。

 赤字を9年繰り越せる

これにより長期的な経営計画などを立てやすくなります。

 決算期を自由に選べる

月、回数など、計画的に選べます。

 経費の幅が広い

経営者とその家族の退職金や、生命保険、出張費なども経費にできます。

会社設立のデメリット

 創業時の費用負担が大きい

京都会社設立相談所で会社設立していただいた場合は、202,000円の費用がかかります。

 社会保険料・法人住民税の負担がある

社会保険料が約15% 法人住民税が最低7万円の負担が増えます。

 会計処理の費用負担がある

会計処理を依頼した場合、その費用負担があります。

創業時の融資最大2,000万円 補助金最大200万円の実績

お電話0120-693-118